So-net無料ブログ作成

<神戸児童連続殺傷>事件から13年 被害者の父親が手記(毎日新聞)

 神戸市須磨区で97年に起きた小学生連続殺傷事件で、被害者の土師(はせ)淳君(当時11歳)の父守さん(54)が、事件から丸13年となる24日を前に毎日新聞などに手記を寄せた。加害者の元少年(27)から今月19日に手紙を受け取ったとし、「彼自身の内面的な成長を感じることができる内容」と感想を記している。

 手記では、殺人罪などの公訴時効を廃止する改正刑事訴訟法が先月27日に施行されたことについて、「被害者の思いにやっと応えてくれた」と評価。08年12月に始まった被害者参加制度は「ようやく軌道に乗りつつある」とする一方、被害者問題に精通した弁護士の少なさを課題として挙げた。

 土師さんはNPO法人「ひょうご被害者支援センター」の役員として活動。犯罪被害者への早期かつ継続的な支援の重要性を指摘し、同センターへの財政支援を国や自治体に呼びかけた。【重石岳史】

【関連ニュース】
国立国会図書館:米兵裁判資料を公開 閲覧の禁止解除
時効廃止:無念晴らせる…被害者遺族ら涙
犯罪被害者支援:施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で
「時効」よ止まれ:殺人時効廃止を閣議決定
犯罪被害者支援:被害者側重視の施策そろう 法整備、世論後押し

防火講習「見直し」判定=受講料や内容に問題―公益法人仕分け(時事通信)
種牛の処分回避要請へ=ワクチン接種、豚で開始―口蹄疫(時事通信)
「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談(読売新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)

「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?(読売新聞)

 夏の参院選の選挙公約をどう呼ぶか、各党が悩んでいる。

 昨年の衆院選ではこぞって、政策の実施期限や財源などを示した公約を意味する「マニフェスト」と呼んだ。

 だが、鳩山政権がマニフェストにこだわり、財源確保の見通しも立たないまま赤字国債依存の予算を組むなど、この呼称の印象が悪化したためだ。

 公明党は2003年衆院選以来、国政選挙での公約をマニフェストと呼んできた。今回は「民主党のせいでマニフェストへの信頼が損なわれた」(幹部)との声を受け、呼称を「重点政策」などに変えることを検討中だ。昨年の衆院選では「マニフェスト」を使ったみんなの党の渡辺代表も10日の記者会見で、この呼称が「詐欺という印象を持たれている」と断じた。既に、参院選に向け、「アジェンダ(政策課題)」という言葉を多用している。

 対照的なのが自民党だ。従来は民主党と同じになることを嫌い、「政権公約」などとしてきたが、「マニフェストという言葉が定着した」(石破政調会長)と方針転換。インターネットの検索サイトで「自民党のマニフェスト」と入力しても、検索しにくいという事情もあったという。

 一方、民主党は「マニフェスト」を今回も使う。鳩山首相は12日の政権公約会議で、参院選に向け、「子どもも読めるマニフェストを作ったらどうか」と提案、教育、子育てに関する政策説明を中心に、党内で検討することになった。社民党は「マニフェスト」、国民新党、共産党は「公約」などを使う方針だ。

年上9人…オリックス公式チア主将は20歳、テストで抜擢(産経新聞)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
B型肝炎訴訟、「早急に協議開始を」−全国原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
消費税率は先送り=自民の参院選公約原案(時事通信)
党員、100万人割れ確実=野党転落響く―自民(時事通信)

米企業がiPS細胞のライセンスを取得(産経新聞)

 再生医療への応用が期待されるiPS細胞(人工多能性幹細胞)技術に関する特許の管理・活用を目的とする「iPSアカデミアジャパン株式会社」(iPSAJ、京都市上京区)は7日、米の細胞試薬製造会社「セルラーダイナミックス・インターナショナル社」(CDI)と特許ライセンス契約を結んだと発表した。iPSAJ社が海外企業とライセンス契約を結ぶのは初めて。

 CDI社はライセンス契約によって、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授が発明したiPS細胞を研究で使用できる。同社は同細胞を応用し、製薬企業が新薬の毒性などを確認する際に使用する肝細胞などを開発するとしている。

 これまでにも国内企業約10社がiPS細胞についてiPSAJ社とライセンス契約をしている。

 山中教授は「iPS細胞が1日も早く医療に役立つことが私の願い。今後も国内外を問わず、多くの企業とライセンスが結ばれることを期待している」とコメントを発表した。

【関連記事】
既に「標準語」の英語 理系学問の世界
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム
細胞を効率培養 iPSへ活用 期待の新装置
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定−日本創新党(時事通信)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
<陸山会事件>石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。