So-net無料ブログ作成

<神戸児童連続殺傷>事件から13年 被害者の父親が手記(毎日新聞)

 神戸市須磨区で97年に起きた小学生連続殺傷事件で、被害者の土師(はせ)淳君(当時11歳)の父守さん(54)が、事件から丸13年となる24日を前に毎日新聞などに手記を寄せた。加害者の元少年(27)から今月19日に手紙を受け取ったとし、「彼自身の内面的な成長を感じることができる内容」と感想を記している。

 手記では、殺人罪などの公訴時効を廃止する改正刑事訴訟法が先月27日に施行されたことについて、「被害者の思いにやっと応えてくれた」と評価。08年12月に始まった被害者参加制度は「ようやく軌道に乗りつつある」とする一方、被害者問題に精通した弁護士の少なさを課題として挙げた。

 土師さんはNPO法人「ひょうご被害者支援センター」の役員として活動。犯罪被害者への早期かつ継続的な支援の重要性を指摘し、同センターへの財政支援を国や自治体に呼びかけた。【重石岳史】

【関連ニュース】
国立国会図書館:米兵裁判資料を公開 閲覧の禁止解除
時効廃止:無念晴らせる…被害者遺族ら涙
犯罪被害者支援:施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で
「時効」よ止まれ:殺人時効廃止を閣議決定
犯罪被害者支援:被害者側重視の施策そろう 法整備、世論後押し

防火講習「見直し」判定=受講料や内容に問題―公益法人仕分け(時事通信)
種牛の処分回避要請へ=ワクチン接種、豚で開始―口蹄疫(時事通信)
「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談(読売新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。